岩佐を知る

top

公式LINEはこちらかごの中を見る
岩佐コーポレートサイト

草履の選び方・履き方

サイズについて

台には「すっきり細身台」「歩きやすい幅広台」「粋なスクエア台」の3種類があります。
歩きやすさ重視の方は、まず「歩きやすい幅広台」をお試しください。
草履は靴のように足全体を覆っているものではないので、サイズ展開はS、M、L、LLとなっております。
ご自分の足のサイズを目安に草履のサイズを選んでいただきます。

Ladie's

きれいめに見せたい方におすすめ!
すっきり細身台(舟型)

Size 足のサイズ 台の全長 台の横幅
S 21.5~22.5cm 約22.5cm 約7.5cm
M 22.5~23.5cm 約23.5cm 約8cm
L 23.5~24.5cm 約24.5cm 約8.5cm
LL 24.5~25.5cm 約25cm 約8.5cm

初めての草履の方におすすめ!
歩きやすい幅広台(小判型)

Size 足のサイズ 台の全長 台の横幅
S 21.5~22.5cm 約22.5cm 約8.5cm
M 22.5~23.5cm 約23.5cm 約9cm
L 23.5~24.5cm 約24.5cm 約9cm
LL 24.5~25.5cm 約25.5cm 約9cm

粋なスクエア台

Size 足のサイズ 台の全長 台の横幅
S 21.5~22.5cm 約22.5cm 約7.8cm
M 22.5~23.5cm 約23.5cm 約8.3cm
L 23.5~24.5cm 約24.5cm 約8.4cm

Men's

Size 足のサイズ 台の全長 台の横幅
M 24~25cm 約25cm 約10cm
L 25.5~26.5cm 約26cm 約10.5cm
LL 27~28cm 約27cm 約11cm
3L 28.5~29.5cm 約29.5cm 約11cm

履き方による調節

履き方は、足の指を奥まで深く差し込まず、花緒を指先で引っかけたように見える状態が美しいとされています。
かかとが台よりも2~3cm出ることが一番美しいとされていますが、かえって疲れる場合もあることから1cmほど出す履き方も一般的になってきています。お好みで調節してください。(ただし、雨草履の場合は、足袋が雨水で汚れてしまいますので、しっかり収まるサイズのほうがよろしいです。)

かかとが台より1cmほど出るサイズをお勧めします。

草履が少しキツイと感じたら、花緒に指を通し手の甲で広げるようにすると、歩きやすく、足に馴染みやすくなります。

TPOに合わせた草履の選び方

草履の色

フォーマルな装いには、金・銀・白が適しています。また、花緒と台の色が同色のほうがフォーマル度が高まり、結婚式などによく使われます。

淡色系のベージュやグレーは着物にも合わせやすく、セミフォーマルからおしゃれ着物まで幅広く使えます。お持ちの着物に黄味がまじっているものが多ければベージュ系を、それ以外のものが多ければグレー系を、一足手元にお持ちになると重宝します。

草履の高さ

高さが高いほどフォーマル度が上がると言われています。
段重ねのほうがややかっちりとした印象を与え、フォーマルですが、色合いによっても変わってきます。
おしゃれ着やふだん着には、3cm~6cmが一般的な高さで、あまり高すぎないものが疲れにくくおすすめです。

新商品ラインナップNEW ARRIVALS

【日本赤十字社】売上の一部は日本赤十字社の活動資金として寄付されます。

株式会社岩佐では、ご購入頂きました商品代金の一部を日本赤十字社へ寄付しています。寄付金は、新型コロナ感染症対応を含む日本赤十字社の様々な活動に活用されます。